no-image

大正・昭和のひな人形展示 北海道開拓の村

大正から昭和後期にかけて作られたひな人形の展示が16日、札幌市厚別区の北海道開拓の村で始まった。3月3日の桃の節句を前に毎年開く恒例行事で、村内の建造物8棟に華やかな計20組が並ぶ。

来場者らが寄贈したもので、最も古いのは1919年(大正8年)にオホーツク管内斜里町の呉服店経営者が一人娘のために買

引用元サイト名
北海道新聞
引用元URL
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/277431?rct=n_hokkaido